大牟田中学校

学校紹介

大牟田中学校TOP > 学校紹介 > 理事長・学校長あいさつ

理事長・学校長あいさつ

自ら学ぶことの本当の楽しさ

理事長

大牟田学園の中高一貫「誠進コース」の目指すところは、高校受験で分断されない6年間という期間を活かしたゆとりあるカリキュラムにより、大学受験に万全の準備をすると同時に、諸活動を通してよりよい人格の形成をはかることです。あくまでも、「世の中の役に立つ有為の人材の育成」という建学の精神に基づく人間形成を中心に据え、高い学力を身につけることもその一環であるとの認識に立ち、生徒一人ひとりの個性を尊重し、伸ばしていく教育を目指しています。

いま、国家百年の大計たるべき教育のあり方が厳しく問い直されています。問題の根源は、多くの学校で押し付けの勉強によって勉強嫌いの生徒を増やしてしまっていることではないかと思います。自分を向上させることは、たとえその過程で多少の苦しさがあっても、本来はうれしく感じるものです。実際、勉強は一生続けるものでもありますので、楽しいものでなければなりません。

本校では自ら学ぶことの本当の楽しさを実感できるような教育を大切にします。第1期生以来、輝かしい実績がこの考え方に基づく「誠進コース」の価値の一端を実証しています。今、皆さんの先輩たちは、学業面でも部活動でもチャレンジ精神を発揮し、すばらしい成果をあげつつあります。教育への情熱あふれる教職員と個性豊かな先輩・仲間たちと共に、充実した教育施設の中で実りの多い6年間を過ごして頂きたいと思います。

理事長
圓佛 誠孝

学びと成長

校長

学びの原点にあるのは、「これはなんだろう?」という疑問のアンテナを常に持ち、それを追求していくことです。そうすると、時には迷い悩みもしますが、新たな発見をすることがあります。それが「こういうことだったのか!」と納得することにつながります。疑問を持ち、納得をする、この間には、学びと成長の要素がたくさん詰まっています。

 本校には皆さんがたくさん学び、そして大きく成長できる環境が揃っています。時代は令和に入り、人間の叡智は驚くほどの進化を遂げています。大人たちが幼かった時に想像したり夢見たりしたことが、どんどん実現する時代になってきました。AIの進化やICT化が進み、これまで遠い未来の夢だったことが現実になってきます。

本校は早くからタブレットや電子黒板等を導入し、ICT教育を行っています。また、部活動も盛んで、横のつながりと縦のつながりを大切にすることで、人間関係を作り上げています。私たち教職員は、生徒たちが楽しい学校生活を送り、目標を達成するための努力を惜しみません。

校長
藤吉 寿行

Copyright (C) Ohmuta Gakuen All Rights Reserved.

ページTOP